今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要?

カードローンを組んでお金を借りるには、銀行なり、消費者金融なりが求める書類を用意しなければなりません。

 

●必要書類の使い道

 

基本的には申込時には必要なく、いわゆる仮審査をクリアした後に提出を求められる形となります。
本来は仮審査の時点であった方がいいのですが、なかなか申込時に書類を用意することが難しいのでこういった形をとっています。

 

審査には仮審査というものと本審査というものがあるのですが、本来の審査として機能しているのは仮審査の方で、申込書や聞き取りで得た情報で仮審査という名の審査を行い、それによってお金を貸していいのか、いけないのかを決めることになります。
ですので、まだ本審査が終わっておらず、仮審査をクリアした状態で審査をクリアしたとみていいでしょう。

 

しかし、申込書や口頭での返答で嘘をついてしまった場合はその限りではありません。

 

例えば、審査をクリアしやすいようにということで年収を多めに言ったり、職業を偽ったり、勤務先にばれないようにとうそを言ったりということをした場合は、本審査で落とされることになります。

 

本審査では、申込書や口頭で聞いたことが本当のことなのか、事実なのかを確認する作業ですので、その時点で事前に知りえた情報と書類の情報が違うとここで審査を落とされることになります。
必要書類は本審査で虚言を見抜くために使われことになるということです。

 

●必要な書類の種類

 

カードローンなどを利用するときに必要となる書類は大きく分けて2つのものに分けられます。

 

・本人確認書類

 

本人確認書類は、申し込んだ方が本当に本人なのかということを確認するうえで使います。
これはなりすましなどの犯罪行為を防ぐために行われるのと、信用情報機関などに問い合わせをする時に明確な氏名、住所、生年月日などが必要となるからです。
本人確認書類として有効となるのは以下のようなものです。

 

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・マイナンバーカード
・健康保険証
・住民票
・印鑑証明証

 


外国籍の場合は

・在留カード
・特別永住者証明書
・外国人登録証明書

 

といったものが使われます。

 

この中でよく使われるものが運転免許証です。

 

実は本人確認書類は、顔写真入りのである方が望ましく、それによって運転免許証やパスポート、写真入り住基カード、写真入りマイナンバーカードなどがいいのですが、運転免許証が一番所持している確率が高く、必要最低限の個人情報だけが記載されているので、個人情報保護の観点からも一番扱いやすいのです。

 

もし運転免許証やパスポートなどの写真入りのいわゆる身分証明書がない場合は、写真の無い健康保険証や住民票などを使うことができますが、場合によっては複数の証明書類が必要になることがあります。

 

それと提出する書類によっては、情報を隠さなければならないこともあります。
その代表がマイナンバーカードです。

 

マイナンバーカードですから当然ですがマイナイバ―が記載されています。

 

マイナンバーほど他人に知られるほど危険なものはありませんので、例えば店舗で提示するときはその番号をテープなどで隠したり、Web上から送信する場合もが画像を加工するなり、コピーやスキャンをするときに番号がわからないようにしておかなければなりません。
本人確認書類で必要は情報は、「現住所」「氏名」「生年月日」だけですから余計な情報を公開する必余はありません。

 

・収入証明書類

 

収入証明書類は、ほとんど場合必要としないかもしれません。

 

ただしどの銀行でもどの消費者金融業でも借入金額が多額になる場合や他社での借り入れがある場合などに提出を求められることになります。
特に年収は消費者金融系のものであれば、総量規制にもかかわってくる部分ですのでとても大事な部分となります。

 

それといわゆるサラリーマン、給与所得者でない場合、個人事業主とか自営業といった場合は、確実に必要になります。

 

提出を求められる書類は以下のようなものとなります。

 

給与所得者
・源泉徴収票
・所得証明書
・給与明細書
・納税証明書

 

自営業・個人事業主、給与所得以外に所得があった方

 

・住民税決定通知書
・納税証明書
・確定申告書の写し

 

いずれも前年の1月から12月までの収入が記載されたものが有効となります。

 

所得証明書は市区町村のお役所でとることができますが、6月ぐらいにならないとできていないので、源泉徴収票があるといいでしょう。
それか確定申告書の写しですが、これには税務署の受付印がなければいけません。

 

特に郵送で確定申告を行った場合は注意が必要です。
それと納税証明書は自営業や個人事業主の場合は市区町村発行の納税証明書ではなく、税務署発行の納税証明書が必要になります。

 

●急いで借り入れをしたい場合

 

すぐにでも借入をしたい場合はどうせ後々提出を求められることになりますので、申し込みに行くときのこれらの書類を用意しておくことが肝心です。

 

最低でも運転免許証や健康保険証、源泉徴収票や確定申告の写しなど持って申し込みに行くといいでしょう。
ローンによっては書類は後からでもいいと言う場合もありますが、ほとんどの場合は書類がすべてそろって、それを確認してから融資を行うといったことになるので、急ぐのであれば必ず持っていきましょう。

関連ページ

専業主婦でも今すぐお金を借りられる?
専業主婦でも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられる?
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
今すぐお金を借りたいけど最短でどのくらいかかる?
今すぐお金を借りたいけど時間がかかっては困る!最短でどのくらいかかるのか教えます。
土日だけど今すぐお金を借りることは可能?
土日だけど今すぐお金を借りることは可能なのか解説したページです。
他社に借り入れがある場合でも今すぐお金を借りられる?
他社に借り入れがある!けれど今すぐお金を借りたい!という人に見ていただきたいページです。
今日中に10万円必要だけど可能?
今日中に10万円必要だけど借りることは可能なのか解説します。
キャッシングの審査基準は?
キャッシングの審査基準知っておく事が最短で借り入れをするために必要です。
キャッシングの審査で落ちる理由とは?
キャッシングの審査で落ちる理由はなのが原因なのか教えます。
キャッシングの返済方法は何がある?
様々なキャッシングの返済方法の種類について教えます。
今すぐお金を借りたいけどいくらまでならOK?
今すぐお金を借りたいけど私はいくらまでなら借りられる?その基準を教えます。
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれない?
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれないのか心配な方は必ずチェックしてください。
学生でも今すぐお金を借りられる?
学生であっても今すぐお金を借りられるのか?気になる所を教えます。
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?どちらが最短でお金を借りられるのか教えます。
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要?
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要なのかを解説したページです。