専業主婦でも今すぐお金を借りられる?

専業主婦は事実上、全く収入がないことになりますが、それがカードローンを申し込むときに弊害となるわけですが、最近はそれほど悩むようなことはなくなったようです。

 

●カードローンの選びかた

 

主婦は外で働くことよりも家を守るのが本来の役目、いわゆる専業主婦という形が本当の主婦の形であることは日本の文化からして当然のことであります。

 

しかし、最近は家事をやりたくない、結構前と同じ生活をしたい、財布を別にしたい、無理な計画で不動産を購入するといったわがままや自分は社会から、あるいは会社から期待されている、必要とされているといったおごりからか本来の役目をないがしろにしてまで外で働くようになってしまいました。
これには国の政策である「男でも女でもどんどんはたらいて、どんどん経済を発展させろ、どんどん所得税を納税しろ」という考え方も後押ししているようです。

 

この後押しと怠慢、わがままが重なって今のような間違った主婦像が出来上がっているのだと思います

 

それによって専業主婦が本来の主婦であるのにもかかわらず、あえて専業主婦といった言葉でくくるようになってしまったわけです。

 

要するに主婦というものにはお金を稼ぐことをメインとする兼業主婦とお金を稼ぐことができない専業主婦があるということになります。

 

カードローンを使うにはこの部分に注意してもらいたい、なぜなら同じ「主婦でもOK」と書かれていた場合でも稼ぎの無い専業主婦は全く受け付けてくれないことがあるからです。
こういったカードローンは、「主婦=兼業主婦」といった考えであるため、儲けの無い専業主婦はこのカードローンでいうところの主婦ではないということになります。

 

ですので、カードローンを選ぶのであれば、はっきりと明確に「専業主婦でも申込できます」となっているカードローンを選ぶことになります。

 

●法律が変わった

 

事実上、無職扱いの専業主婦は基本的にお金を借りることは難しいものです。
それもそのはず、返済のためのお金を自らが稼いでいないのですから・・・。

 

しかし、過去から専業主夫でもカードローンなどでお金を借りることができていました。

 

これはすべてその銀行や消費者金融ごとの判断に任されていて、その業者が夫の収入を見て、いくらぐらいまでなら貸すことができるのかとか、返済するときに夫に反対されないのかということを考えて、独自の判断を下していました。
ですので、専業主婦にお金を貸すところが少なかったわけです。

 

しかし昨今、消費者金融業に適用される法律である貸金業法の改正が行われ、グレーゾーン金利や総量規制などと一緒に専業主婦に対する取り決めも明確に作られたのです。

 

内容としては、夫に安定した収入があり、その年収の中で総量規制をクリアできる場合、それから稼ぎ口である夫の了解を取れている場合のみ貸し出すことができるといったものです。

 

・総量規制について

 

専業主婦は収入が全くない年収ゼロですから、総量規制の計算でも「融資可能金額:0円」ということになります。
こういった環境の中でお金を貸すとなると今までは規制はないものの、その金額を見定めるのにおっかなびっくりであったわけですが、総量規制が設定され、夫の年収を専業主婦の年収と見立てて、その金額によって計算された総量規制内で貸し出すことができるという決まりができたことによって、借入限度額を設定しやすくなったわけです。
ただし、収入は一つですので、夫の収入から割り出した制限内で、夫と妻の借入額を計算することになりますので、求める金額にならないこともあります。

 

・夫の了解が必要

 

専業主婦がカードローンなどでお金を借りる時は必ず夫の了解が必要となりました。

 

これも過去には厳密に決められていたわけではなく、貸金業者単位での判断となっていましたので、中には全く了解を得なくてもお金を貸していたところもありましたし、書類を持って了解を得なければならないといったところもありました。
そして法の改正でそれが義務化されて、ある意味で規制が強化され、貸金業者としてやりにくくなったような感がありますが、夫に了解を得るということに関してはいい方向に転ぶことになりました。

 

それまで、夫の了解を得られるのか、得られていないのかとか、本当に了解を得ているのかという疑問視するものがあったので、専業主婦にはお金を貸さないということにしていた業者も多く、貸すことができていた業者もおっかなびっくりで借入限度額を極端に低くしていたわけです。
しかし、今度は確実に夫の了解が取れる、取らなければいけないと決められたことによって、それをお金を借りる側に求めることができるといったようになったのです。

 

これによって今まで専業主婦にお金を貸すことが消極的だった業者も専業主婦相手にお金を貸すことがしやすくなったというものがあります。

 

●今でもある収入ゼロの壁

 

法の改正によって、前よりは比較的安心してお金を貸すことができるようになった貸金業者ですが、中には今でも専業主婦にはお金を貸してくれないところも存在します。

 

または、貸すことができても限度額を低く設定するというところもあります。
総量規制に適合していても、夫の了解が得られたとしてもそれらが不信感をすべて払拭することには至っていないということです。

関連ページ

今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要?
今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要なのか解説したページです。
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられる?
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
今すぐお金を借りたいけど最短でどのくらいかかる?
今すぐお金を借りたいけど時間がかかっては困る!最短でどのくらいかかるのか教えます。
土日だけど今すぐお金を借りることは可能?
土日だけど今すぐお金を借りることは可能なのか解説したページです。
他社に借り入れがある場合でも今すぐお金を借りられる?
他社に借り入れがある!けれど今すぐお金を借りたい!という人に見ていただきたいページです。
今日中に10万円必要だけど可能?
今日中に10万円必要だけど借りることは可能なのか解説します。
キャッシングの審査基準は?
キャッシングの審査基準知っておく事が最短で借り入れをするために必要です。
キャッシングの審査で落ちる理由とは?
キャッシングの審査で落ちる理由はなのが原因なのか教えます。
キャッシングの返済方法は何がある?
様々なキャッシングの返済方法の種類について教えます。
今すぐお金を借りたいけどいくらまでならOK?
今すぐお金を借りたいけど私はいくらまでなら借りられる?その基準を教えます。
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれない?
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれないのか心配な方は必ずチェックしてください。
学生でも今すぐお金を借りられる?
学生であっても今すぐお金を借りられるのか?気になる所を教えます。
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?どちらが最短でお金を借りられるのか教えます。
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要?
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要なのかを解説したページです。