他社に借り入れがある場合でも今すぐお金を借りられる?

一か所では済まず、複数の消費者金融でお金を借りている、あるいはこれからまた別の消費者金融でお金を借りようとしている方もいるかと思います。

 

そういった時にも審査をクリアできるかどうか、心配になるわけですが、一番の懸念となるのが現在までに借り入れがあるから審査をクリアできないのではないかということです。

 

確かに既に借入を行っている方より、全く借入を行っていない方のほうが、審査としてはいい条件となるわけですが、逆に借り入れが現在あるからといってそれが新しくカードローンを契約することの偏買いになるということではありません。
はっきり言って借り入れがあっても他の消費者金融からお金を借りることはできます。
ただし、場合によって審査をクリアできないこともあります。

 

●審査に引っかかる理由

 

・返済能力の減少

 

これはあまり深く考えなくてもわかることだと思いますが、要するに収入に対して返済が増えるということを懸念しているということです。

 

入ってくるお金というものは昇給や売り上げの増加などでじりじりと上がってきたり、逆に減給や業績の悪化によって低くなることになりますが、基本的には大きな増減はなく、収入もそれほど変わりません。
そういった中で、別の消費者金融でお金を借りてまるまる支出が増えるということは、その人にとって大きな負担になるわけです。

 

例えば今まで借入を行ってきたところで借入金額の枠を広げることができたとして、借入金額が増えたとしても、今までの返済が突き10000円から15000円に増えることになり、5000円の支出増加ということになりますが、新たな場所で新たなカードローンを組んでお金を借りるということは少なくとも8000円なり10000円なりの支出増加になってしまうと思います。

 

その大幅な支出増加によって、この人はきちんと返済をし続けることができるのであろうかということを消費者金融としては懸念することになり、場合によっては審査の段階で落とすこともあります。
ただ、年収がそれなりにあれば、この理由によって落とされる可能性は低いとみていいでしょう。

 

例えば年収1000万円の方で、既に他の消費者金融で50万円を借りて、毎月10000円の返済をしていて、更に新しいところで30万円借りて、返済額が10000円分増えたとしてもそれほど心配する必要はありません。
しかし、これが年収300万円ぐらいの方で、返済額が10000円から20000円に増えてしまうことを考えるとどうしても心配になってしまうのです。

 

年収1000万円の人
年収1000万円÷12カ月-既存ローンの返済額1万円−新しいローンの返済額1万円=月額約81万円の余裕
確実に返してくれそうだから全く問題なし・・・、審査通過

 

年収300万円の人
年収300万円÷12カ月-既存ローンの返済額1万円−新しいローンの返済額1万円=月額約23万円の余裕
ちょっと返済が厳しくなりそうだから、再調査か審査クリアできず

 

同じ返済額でも年収の違いのよって生まれる毎月の金銭的な余裕がこれだけ違ってくるので、それが審査に大きくかかわってくるということです。

 

消費者金融の利益は返済されてナンボですから、それが滞りそうな状態の方はそれが例え初めてに借入でも10件目も借入でも消費者金融は危険視をし、お断りすることになってしまうのです。

 

総量規制による制限

これは法律で決められていることですので、消費者金融に文句を言ってもどうすることもできない理由です。

 

総量規制とは、一番最近行われた貸金業法の改正によって新しく作られた決まりで、返済能力がないのにどんどんお金を貸してしまう傾向に歯止めをかけるために作られたものです。
内容としては、その人の前年の年収の1/3以上となる金額を貸してはいけないということで、これによって借り入れる金額の上限ができたわけです。

 

既に他の消費者金融でお金を借りていて、この総量規制に引っかかった方は、どんなに年収が高くても、どんなに立派な企業に勤めていても、消費者金融はお金を貸すことができないということになります。
ただ、この総量規制というものは貸金業法によって定められているものですで、貸金業法とは全く関係のない銀行系のローンやキャッシングなどは全く関係なく、既に借りている金額があったとしても銀行系であれば、それに含める必要がありません。

 

例えば
年収900万円の方

 

既に借りている金額:銀行系のカードローンで500万円
消費者金融で新たに借り入れようとしている金額:300万円

 

これはOKです。
既に借りている金額がかなり多かったとしても、それが銀行系であれば全くカウントされませんので、総量規制枠いっぱいまで借り受ける権利があるということです。

 

一方、
既に借りている金額:消費者金融系のカードローンで1万円
消費者金融で新たに借り入れようとしている金額:300万円

 

これはNGです。
例え既に借り入れている金額がたった1万円でもそれを消費者金融から借りている場合は、総量規制枠一杯までは借り入れることができないということになります。

 

これは極端な例ですが、既に借りている消費者金融系のローンなどの残高が前年の年収の1/3に近い状態でしたらこれに引っかかる可能性が高いと思います。

関連ページ

今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要?
今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要なのか解説したページです。
専業主婦でも今すぐお金を借りられる?
専業主婦でも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられる?
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
今すぐお金を借りたいけど最短でどのくらいかかる?
今すぐお金を借りたいけど時間がかかっては困る!最短でどのくらいかかるのか教えます。
土日だけど今すぐお金を借りることは可能?
土日だけど今すぐお金を借りることは可能なのか解説したページです。
今日中に10万円必要だけど可能?
今日中に10万円必要だけど借りることは可能なのか解説します。
キャッシングの審査基準は?
キャッシングの審査基準知っておく事が最短で借り入れをするために必要です。
キャッシングの審査で落ちる理由とは?
キャッシングの審査で落ちる理由はなのが原因なのか教えます。
キャッシングの返済方法は何がある?
様々なキャッシングの返済方法の種類について教えます。
今すぐお金を借りたいけどいくらまでならOK?
今すぐお金を借りたいけど私はいくらまでなら借りられる?その基準を教えます。
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれない?
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれないのか心配な方は必ずチェックしてください。
学生でも今すぐお金を借りられる?
学生であっても今すぐお金を借りられるのか?気になる所を教えます。
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?どちらが最短でお金を借りられるのか教えます。
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要?
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要なのかを解説したページです。