今日中に10万円必要だけど可能?

どうしても今日中に、遅くても夕方までにお金を工面しなければならないといった時もカードローンはとても便利なものだと思います。

 

仮に借金するのが嫌だとか消費者金融系のカードローンはちょっとという方でも、今日借りて、明日、あさって中に一括返済してしまえば、それでおしまいですのでそれほど気にする必要もなく、友人にちょっと借りた程度で、お礼としてご飯をおごってあげたぐらいに思えばいいと思います。
しかし、ここで問題が・・・、お金が必要になってしまった当日に果たしてカードローンの申し込みから融資実行まで行うことができるのでしょうか?
答えとしては「できる」といった形になるでしょう。

 

しかし、すべての場合において可能ということではありませんし、当日中に融資実行を完了させるには、それなりの方法と心構えをしておかなければなりません。

 

●今日中に10万円を借りる方法

 

・消費者金融探し
まずは申し込み当日に融資実行まで行える消費者金融を探すことから始めます。

 

消費者金融はお金を貸すことに特化した業者であるため、こういったスピード感が必要な場合も柔軟に対応できる体制を持っています。
時間を喰う部分は他の方法を用いることで時間を節約したり、必要としないことは省いたり、中にはお金をとりあえず貸してから後から必要なことを行うといったところもあります。

 

この辺は銀行系のカードローンではできないことで、手続きも15時まで審査も厳しいため、時間がかかりますし、書類だっていろいろ必要になってくることもあります。
本日中のどうしても入用な場合は銀行系カードローンより消費者金融系のカードローンの方が確実かと思います。

 

当日、融資を受けることできるカードローンはウェブサイトなどから探すといいでしょう。
だいたいそういったところは、「○○分で審査完了」とか「30分で審査結果をお知らせします」などと手続きが早くできることをうたっていることが多いので、そういったところで申し込みを行うといいでしょう

 

・申し込み方法の選択
1つの消費者金融でも一つのローン商品でも申し込み方法を複数用意することが多くなってきました。

 

昔ながらある店舗での申し込みや郵送での申し込み方法他にATMのような形態をとる無人契約機や最近の主流となっているインターネット申し込みなどもあります。
この中で当日融資にピッタリな方法といえば、やはり店舗での申し込みでしょう。

 

店舗に足を運ぶということで、場合によってはその移動に多少時間がかかってしまうこともありますが、一度店舗に入れば、うまくすれば申し込みから融資までその場ですべて終わらせることができます。

 

その時間も1時間から数時間ということで、待つ時間を作ることができる場合はこれが一番いいでしょう。
次に良いと思われるのがインターネット申し込みです。

 

インターネット申し込みですと、申し込み時点から家にいながらにして行うことができ、審査結果も短時間でメールが電話で知ることができます。
そして必要書類の提出もアップロードページからファイルを転送することによって行いますのでわざわざ足を運ぶ必要もありません。

 

そして融資ですが、これはちょっと時間的な制約があります。

 

インターネット申し込みでは融資に関してもインターネットで申し込んで、すぐに指定口座へ振り込んでもらうという形をとることが多いのですが、ご存じのとおり振込手続きは15時までしか受け付けておらず、それ以降は翌日扱いとなってしまいます。
例えば、その日のうちに確実にお金を手に入れたいというのであれば、消費者金融側が15時までに振込鉄突きを完了することができるようにカードローンの申し込みや融資の申し込みを逆算した時間までに行わなければなりません。

 

少なくとも午前中には申し込みをした方がいいかと思います。

 

中にはグループ企業内の銀行やネット銀行に特化した銀行であれば15時を過ぎてからでも振り込みが実行される場合もありますが、そういったところばかりでもありませんし、その時点でそれに適応した銀行に普通口座を持っていなければなりませんので、これをあてにするのは良くないでしょう。

 

これ以外の申し込み方法、電話や郵送での申し込みは確実に当日融資は無理ですので、避けるべきです。

 

・書類の用意
どんな消費者金融でも必要書類の提出を求められます。

 

一般的なのが、本人確認書類と収入証明書類といったもので、本人確認書類は必ず要求されるものですが、収入証明書類は借入金額や職業、審査に内容によって要求されることがあります。
お金を本日中に借りたいのであれば、こういった種類も前もって用意しておく必要があります。

 

よくあるのが、どんな書類が必要かわからないとか、用意する時間がなかったということで手ぶらで申し込みを行う方もいますが、こういった時は翌日に書類集めをすることになりますので、それでは遅すぎます。
そこで前もって用意をしておくわけです。

 

本人確認書類は運転免許証やパスポートが一番いいでしょう。

 

もしどちらも持っていない場合は健康保険証がいいと思います。

 

本人確認書類は、どこかにとりに行かなければならないということではなく、ほとんどのものが言えの中にあるものですので、容易に用意することができると思います。
それから収入証明書類ですが、10万円という低額の借り入れであればまず必要ないと思われますが、既存の借り入れ状態や職業的なこと、審査によっては10万円でも提出を求められることがありますので念のため用意しておくのに越したことはありません。

 

源泉徴収票や確定申告書などが比較的用意しやすいかと思います。
インターネット申し込みの場合はこれらの書類を画像ファイル化してそれを転送する形をとりますので、前もってデジタルカメラで撮影したり、スキャンしたりしてファイルを用意しておくといいでしょう。

関連ページ

今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要?
今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要なのか解説したページです。
専業主婦でも今すぐお金を借りられる?
専業主婦でも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられる?
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
今すぐお金を借りたいけど最短でどのくらいかかる?
今すぐお金を借りたいけど時間がかかっては困る!最短でどのくらいかかるのか教えます。
土日だけど今すぐお金を借りることは可能?
土日だけど今すぐお金を借りることは可能なのか解説したページです。
他社に借り入れがある場合でも今すぐお金を借りられる?
他社に借り入れがある!けれど今すぐお金を借りたい!という人に見ていただきたいページです。
キャッシングの審査基準は?
キャッシングの審査基準知っておく事が最短で借り入れをするために必要です。
キャッシングの審査で落ちる理由とは?
キャッシングの審査で落ちる理由はなのが原因なのか教えます。
キャッシングの返済方法は何がある?
様々なキャッシングの返済方法の種類について教えます。
今すぐお金を借りたいけどいくらまでならOK?
今すぐお金を借りたいけど私はいくらまでなら借りられる?その基準を教えます。
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれない?
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれないのか心配な方は必ずチェックしてください。
学生でも今すぐお金を借りられる?
学生であっても今すぐお金を借りられるのか?気になる所を教えます。
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?どちらが最短でお金を借りられるのか教えます。
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要?
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要なのかを解説したページです。