今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?

どうしてもまとまった金額のお金をすぐに用意しなければならないといったこともよくあります。

 

その時に銀行のキャッシュカードを持ってコンビニエンスストアのATMに駆け込む方はこの情報は必要ありません。
急にお金が必要になり、それを自分でどうすることもできない場合は、結局のところどこかでお金を借りなければなりません。

 

かといって、近所に借りに行くのもあとあとどんなうわさが広がるかわかりませんし、親や親せきに泣きつくのも「こんなときばかり・・・」などと嫌味を言われるのが落ちです。

 

そういった時にカードローンというものが便利なわけですが、カードローンといっても銀行のカードローンや消費者金融のカードローンなどがあり、それぞれに業者もいっぱいあるわけで、どれを選んでいいのか困る時があります。
とりあえずはすぐにお金を用意しなければなりませんので、スピーディーな対応を求めることとしましょう。

 

そして、いきなりどの業者にしようか、どの銀行にしようかと選択肢の多い中から選ぶのではなく、まずは銀行系がいいのか、消費者金融系がいいのかということから考えていきましょう。

 

●どうして時間がかかるの?

まずは基本的な部分をみていきましょう。
カードローンを申し込んでからお金を借り入れるまでに通常で数日かかります。
なぜなら、カードローンのカード発行や融資実行に至るまでには

・申し込み
・仮審査
・在籍確認・住所確認
・書類の提出
・本審査
・融資

 

といったたくさんの工程をへてはじめてお金を手にすることができるのです。

 

この内どうしても時間がかかってしまうのが審査と書類の用意、そしてそれぞれにやり取りです。

 

審査は申込書や信用情報機関にデータなどいろいろなものを確認、照合しなければなりませんのでその事務所売りにどうしても時間がかかってしまいます。

 

それから書類の用意は本人確認書類であれば、日常的に使っているものもありますし、家のどこかの引き出しに入っているものを出してくるだけで済むのですが、場合によって必要となる収入証明書類は普段あまり使うことがないものばかりで、家にはあるがどこにあるか探してみないとわからないとか、タンスの引き出しの奥の方に仕舞ってしまい、それを出すのが一苦労といったことが多いようです。

 

時にどこかのお役所に言って書類を取得しなければならないこともありますので、ここでも時間がかかってしまうことがあります。
そしてそれぞれの工程におけるやり取りにも時間がかかります。

 

例えば、申込書の提出を行うために店舗まで足を運ぶとか、書類を取りに行くために、わざわざ電車に乗っていかなければならないとか、それを提出するために店舗までいかなければならないとかいろいろです。
こういった、一つだけ見るとたいして時間がかからないように思えることもそれが複数の工程でかかってしまうということになるとどうしても数日間がかかってしまうのです。

 

●即日融資が可能な理由

 

こういった流れと時間経過を持つカードローンですが、最近では即日融資をうたう商品が多くなってきました。

 

どうしても数日かかってしまうようなことを短時間、それも一日のうちで行うということは相当な苦労と高効率化が必要だったことでしょう。

 

どこをどういう風にしたら時間がかかることを短時間でできるようになるのかというと、まずは申し込みですが、申し込みは最近では書面を使った申し込みではなく、インターネット上にあるWebサイトでもできるようになり、むしろこちらの方が主流になりつつあります。

 

書類の提出も今までは持参や郵送といった手段を使っていましたが、ウェブページ上からアップロードすることができるようになっています。
融資に関しても銀行振込などを使うことができます。

 

そして審査ですが、審査も早くできる体制ができており、データが揃い次第すぐにでも結果を出すことができるようになりました。

 

●銀行系と消費者金融系のスピード感の違い

 

どの業者もどの銀行もスピーディーな対応ができるようになった現在ですが、銀行系、消費者金融系それぞれで出来ることとできないことがあります。
それを比較してみると

 

銀行系

 

・審査を社外に委託することがある(時間がかかる)
・9時から15時までしかすべてが機能しない(時間外は対応不可能)
・審査がやはり厳しい(時間かかる)
・その銀行に口座がないと即日対応ができない(口座を作るのに数日かかる)
など

 

消費者金融系

 

・社内審査を行うことができる(時間短縮)
・営業時間が長い(対応時間が長くなる)
・振込での借り入れも銀行によっては時間外でも対応できる(時間の制約が少ない)
など

 

こうしてみるとスピーディーな対応という観点で見ると銀行系ではデメリットが多いですが消費者金融系ではメリット以外余りでメリットがありません。
ということはとりあえず急いでお金を借りたいと思っている場合は消費者金融系の方がいいと言うことになります。

関連ページ

今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要?
今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要なのか解説したページです。
専業主婦でも今すぐお金を借りられる?
専業主婦でも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられる?
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
今すぐお金を借りたいけど最短でどのくらいかかる?
今すぐお金を借りたいけど時間がかかっては困る!最短でどのくらいかかるのか教えます。
土日だけど今すぐお金を借りることは可能?
土日だけど今すぐお金を借りることは可能なのか解説したページです。
他社に借り入れがある場合でも今すぐお金を借りられる?
他社に借り入れがある!けれど今すぐお金を借りたい!という人に見ていただきたいページです。
今日中に10万円必要だけど可能?
今日中に10万円必要だけど借りることは可能なのか解説します。
キャッシングの審査基準は?
キャッシングの審査基準知っておく事が最短で借り入れをするために必要です。
キャッシングの審査で落ちる理由とは?
キャッシングの審査で落ちる理由はなのが原因なのか教えます。
キャッシングの返済方法は何がある?
様々なキャッシングの返済方法の種類について教えます。
今すぐお金を借りたいけどいくらまでならOK?
今すぐお金を借りたいけど私はいくらまでなら借りられる?その基準を教えます。
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれない?
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれないのか心配な方は必ずチェックしてください。
学生でも今すぐお金を借りられる?
学生であっても今すぐお金を借りられるのか?気になる所を教えます。
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要?
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要なのかを解説したページです。