今すぐお金を借りたいけど保証人は必要?

銀行でも町の貸金業者でも昔からお金を借りる時には必ず連帯保証人というものが必要でした。

 

連帯保証人は、お金を借りた人間が返済をすることができなくなった場合にその人に代わって返済する義務を負う人のことで、今でも銀行などで多額のローンを組む時などには必要とされている、いわゆるお金を貸した側からすれば、安全策ということになります。
むかし親に「絶対に連帯保証人だけにはなるな」といわれたものですが、確かに連帯保証人になるのは簡単です、契約書の連帯保証人の欄に名前を書けばいいだけですからそれくらいのことであれば、いくらでもします。

 

しかし、その署名をしたことによって、お金を借りた人間といわば同じリスクを背負っていくことになるわけですから、この言葉の意味がよくわかります。

 

しかし、カードローンを使って今すぐにでもお金を借りたいと思って申し込みをする場合、連帯保証人を立ててくださいなどといわれることはなかったはずです。
かといって連帯保証人の制度が無くなったわけでもありませんし、カードローンだからまったく必要ないということではないのです。

 

実はカードローンでは、銀行系のカードローンでは連帯保証人の代わりに保証会社という一企業が連帯保証人の代わりをしてくれているのです。

 

一方、消費者金融系では消費者金融が無担保・無保証人を採用した小口融資のため、保証人がなくてもお金を貸してくれるので、必要がありません。
要するに銀行系でも消費者金融系でも、急いで借入を行いたいからといって保証人を探す必要はありません。

 

●保証会社とは

 

保証会社は保証人に代わって、何かあった時に保証をしてくれる会社です。

 

これは何もカードローン等だけでなく、自動車ローンや住宅ローン、目的別ローンなどの金融商品の他に賃貸住宅への入居に際して保証人の代わりとしても使われるところです。
例えばカードローンの返済が滞ったまま、夜逃げしてしまった時とか、家賃を払えないまま雲隠れしてしまった場合など、本人になり替わってその費用を支払うということをします。

 

これを利用するのは基本的に保証料などの手数料がかかり、それが保証会社の一つの利益となるわけですが、カードローンの場合は、契約書や商品説明の欄に書かれていると思いますが、保証料は銀行や消費者金融側が負担していたり、借入金額の中含めた形で融資を行うといった形をとるため、別途その費用を支払う必要はないようになっています。

 

●銀行系カードローンでは必須

 

カードローンでは連帯保証人を立てる必要はありませんが、もっと細かく言うと連帯保証人を立てることができないといった方がいいかもしれません。
銀行系のカードローンでは連帯保証人を受け付けておらず、すべて保証会社での保証を受ける形となることを好みます。

 

これは連帯保証人という個人に対してもしもの時に返済を求めたり、一括返済を請求することにリスクがあるからです。
そのためだけに人件費を使って行員を行かせなければなりませんし、返済してくれるようにうまく促さなければなりません。

 

中には連帯保証人になっていても返済を拒んだり、連帯保証人自体がどこかへ隠れてしまうこともあるからです。

 

その点、企業である保証会社であれば、きちんとした手続きで請求をすれば素直の返済に応じてくれますし、夜逃げすることもありません。
ですので、銀行系のカードローンでは保証会社を立てるというのが必須項目となっているということです

 

●消費者金融系は概念すらない

 

一方、消費者金融系のカードローンではそもそも保証人という概念がありません。
なぜなら「保証人を立てなくてもお金を貸します」といった形の商品を出しているからです。

 

では、もしものことがあったらどうするのでしょうか。

 

いわゆるサラ金といわれる悪徳金融や昔の金貸しであれば、おっかないお兄さんたちが24時間営業で丁寧な請求をしてきたものですが、今の消費者金融は法律によってそういったことができませんし、行ったとしたら業務停止命令を受けてしまいます。
ではどうしているのかというと、その消費者金融業者自体がそういったことにならないようにしているのです。

 

その一つが審査です。
消費者金融系の審査は通りやすいとよく言われますが、それは銀行系のカードローンの審査より通りやすいという比較した場合での話で、消費者金融系の審査が特別甘いわけではありません。
年収や職業などから返済能力があるのか、確実に返済を続けてくれるような人間なのかを厳しい目で判断しています。

 

それによって、不払い状態のまま夜逃げしてしまうような人には極力お金を貸さないようにして、最悪の場合にならないようにしているのです。

 

それともう1つ、不払いが続いたりした場合、すぐに裁判を起こし、それによって一括で返済を求めるという手段に出るようにしています。
不払いで裁判を行った場合、99%の確率で消費者金融側が勝訴することになりますので、冷帯保証人を立てるより手っ取り早いのかもしれません。

関連ページ

今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要?
今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要なのか解説したページです。
専業主婦でも今すぐお金を借りられる?
専業主婦でも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられる?
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
今すぐお金を借りたいけど最短でどのくらいかかる?
今すぐお金を借りたいけど時間がかかっては困る!最短でどのくらいかかるのか教えます。
土日だけど今すぐお金を借りることは可能?
土日だけど今すぐお金を借りることは可能なのか解説したページです。
他社に借り入れがある場合でも今すぐお金を借りられる?
他社に借り入れがある!けれど今すぐお金を借りたい!という人に見ていただきたいページです。
今日中に10万円必要だけど可能?
今日中に10万円必要だけど借りることは可能なのか解説します。
キャッシングの審査基準は?
キャッシングの審査基準知っておく事が最短で借り入れをするために必要です。
キャッシングの審査で落ちる理由とは?
キャッシングの審査で落ちる理由はなのが原因なのか教えます。
キャッシングの返済方法は何がある?
様々なキャッシングの返済方法の種類について教えます。
今すぐお金を借りたいけどいくらまでならOK?
今すぐお金を借りたいけど私はいくらまでなら借りられる?その基準を教えます。
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれない?
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれないのか心配な方は必ずチェックしてください。
学生でも今すぐお金を借りられる?
学生であっても今すぐお金を借りられるのか?気になる所を教えます。
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?どちらが最短でお金を借りられるのか教えます。