キャッシングの返済方法は何がある?

お金を借りたら、利子を付けて必ず返済をしなければなりません。

 

お金を借りる時は必要に駆られているわけですので、例えちょっとばかり困難があっても面倒くさくても誰もが借りに行きますが、返済となると同じ距離を移動するにしてもかなり面倒なことのように思えてくるのが人の常です。
人間って結構勝手なものです。

 

ですので、返済方法はできるだけ手間をかけないで行いたいもので、それによっても消費者金融選びをする必要があるのかもしれません。
では、消費者金融ではどういった返済方法を用意しているのかを見ていきましょう。

 

ただし、これから挙げる返済方法をすべての消費者金融で行っているとは限りませんのでご注意を・・・。

 

●店舗返済

店舗では申し込みや相談以外にも返済も行うことができます。

 

といいますが、古くは当たり前の返済方法として扱われてきたものですが、今では他にもっと便利な方法があるのでそれによってあまり使われなくなったことから特別なことのように思えますが、間違いなく店舗で返済することはできます。
返済を申し出て、お金を手渡すと必ず明細を出してくれますので大事に取っておきましょう。

 

場合によっては店舗の脇にあるATMに誘導されることがあります。

 

●銀行自動引き落とし

一番楽な返済方法というのがこの銀行自動引き落としによる返済です。

 

申込時に自動引き落としの申込書に記入し、しかるべき手続きを行えば、約定日に自動的に指定口座から引き落とされます。
その時に業者や口座のある銀行によっては数百円くらいの手数料を取られることもあります。

 

口座のお金が入っている場合であればこれほど楽な返済方法はありません。

 

しかし、いつも口座の残金が少ないとか、自動引き落とし用の口座として使っているとか、自動引き落とし自体が嫌いという方の場合は、約定日の前日までに必ず入金やお金の移動などを行っておきましょう。
特に約定日が週末や大型連休などに引っかかる場合などは入金やお金の移動がしたくてもできない場合がありますので要注意です。

 

自動引き落としは引き落とし口座のある銀行や消費者金融側の引き落とし契約によって、引き落とすタイミングが変わってきます。
その日の朝に引き落とされることが多いのですが、その時点で残金が足りないということで引落ができない場合は、銀行や消費者金融によって、その日のうちに再引落をする場合があります。

 

しかし中には麻に一度引落のアクションを起こしたきり、再度ひきおとしをしないこともあり、そうなると延滞ということになってしまいますので、そういった時は消費者金融側に連絡をし、再度引き落としをしてもらうか、銀行振込による返済に一時的に変更してもらうのなどの処置が必要になります。

 

●銀行振込

同じ銀行からの返済となりますが、銀行自動引き落としは自動的に勝手にお金を引き落としていくものですが、銀行振込での返済はこちらがアクションを起こさなければならない方法です。
消費者金融側の指定する口座に返済額を銀行振込することで返済します。

 

約定日での返済の他にサイクル制の返済方法を取り扱っている場合はこれを使うことが多くなります。
振込をするには銀行手数料がかかります。

 

この方法を使う場合はネットバンキングができる環境がいいでしょう。

 

都市銀行のネットバンキング契約をしたり、ネット専用のネット銀行を使ったりと、そうすればいつでも振り込みをすることができるので忘れることもないでしょうし、真夜中でも明日のために振り込み予約を入れることができるので非常に便利です。
注意しなければならないのが、振込は15時までということです。

 

例えネットバンキングで振込を行ったとしても返済日の15時以降に振込を行っても消費者金融側の口座にお金が入るのは翌日になってしまいます。
ですので、必ず返済日の15時までには振込を完了させておかなければなりません。

 

●ATM返済

最近一番多く使われているのがATMによる返済です。

 

ATMといってもいろいろなものがあり、その消費者金融が用意しているATMから提携銀行系のATM、コンビニなどにあるATM業者のATMなどです。

 

どの消費者金融もかなり多くの提携先を持っており、親会社である金融グループ内の銀行だけでなく、ゆうちょ銀行やインターネット専門のネット銀行、コンビニやスーパーマーケットなど運営する流通系の銀行などと提携しているようで、とりあえずATMがあったらどのATMからでも返済ができるほど使えるATMが多くなっています。
コンビニの宣伝ではありませんが、買い物ついでに返済ということができます。

 

ATMの種類によっては200円程度の手数料を取られることがあります。

 

ATMの返済は一見、ATMから振込返済をするのと同じように思えますが、カードを入れてメニューを選ぶだけで、返済額が表示されるの間違うことはなく、あとはその金額を機械に入れればそれで返済が完了します。
振込のように振込先や振込金額などを入力する必要がありません。

 

●メディア端末

最近やっとなじみが出てきたメディア端末。

 

コンビニエンスストアのATMの横にあるちょっと派手な機械のことです。
この機械は、ネットで購入した商品の支払いをしたり、チケットを購入したり、宅配業者の送料を払ったりといろいろなことに使えるものなのですが、その中に消費者金融の返済も含まれています。

 

基本的には手数料無料ですので、長期にわたる返済がある場合はメリットあるかもしれません。
ただ現在このメディア端末を扱っているのは、ローソンのLoppi、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートだけとなっていますので、コンビニエンスストアを選ぶ必要があるでしょう。

関連ページ

今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要?
今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要なのか解説したページです。
専業主婦でも今すぐお金を借りられる?
専業主婦でも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられる?
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
今すぐお金を借りたいけど最短でどのくらいかかる?
今すぐお金を借りたいけど時間がかかっては困る!最短でどのくらいかかるのか教えます。
土日だけど今すぐお金を借りることは可能?
土日だけど今すぐお金を借りることは可能なのか解説したページです。
他社に借り入れがある場合でも今すぐお金を借りられる?
他社に借り入れがある!けれど今すぐお金を借りたい!という人に見ていただきたいページです。
今日中に10万円必要だけど可能?
今日中に10万円必要だけど借りることは可能なのか解説します。
キャッシングの審査基準は?
キャッシングの審査基準知っておく事が最短で借り入れをするために必要です。
キャッシングの審査で落ちる理由とは?
キャッシングの審査で落ちる理由はなのが原因なのか教えます。
今すぐお金を借りたいけどいくらまでならOK?
今すぐお金を借りたいけど私はいくらまでなら借りられる?その基準を教えます。
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれない?
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれないのか心配な方は必ずチェックしてください。
学生でも今すぐお金を借りられる?
学生であっても今すぐお金を借りられるのか?気になる所を教えます。
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?どちらが最短でお金を借りられるのか教えます。
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要?
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要なのかを解説したページです。