キャッシングの審査基準はしっかり把握しておくべし。

カードローンでお金を借りるための最大の難点が審査というものです。
一般的に銀行系より消費者金融系、多額借り入れより少額借入の方が審査をクリアしやすいなどといわれていますが、これに間違いはありません。

 

●審査の目的

消費者金融での審査の目的は、その人がちゃんとお金を返してくれるかどうかを判断するために行います。

 

その中には人間的にお金を返してくれる人間なのかということと現実的にお金を返すことができる環境にあるのかということの2つを主な判断基準として設けています。

 

人間的にお金を返してくれる人なのかという点に関しては、過去に踏み倒したことがないのかとか、債務整理をしたことがないのかとか、返済の滞納、延滞をしたことがないのかといった過去の経歴からその人となりを判断します。
これに使われるのが信用情報機関からもたらされる情報で、ここに記録されている経歴を見て、その判断を下します。

 

そしてもう一つのお金を返すことができる環境にあるのかということですが、これは要するに経済状態を示します。

 

職業、年収、仕事の継続性など、収入に関わる部分を見て、その収入が返済することができる金額であるか、毎月コンスタントに返済できる安定性を持っているのかということを判断します。
審査でこういったことでお金を貸すことができる人間か否かを判断しているのです。

 

ですので、年収がいいからとか、今まで一度も滞納などをしたことがないからといって安心することはできません。
要するに人間性と経済力の2つがあって、審査をクリアすることができるということなのです。

 

●審査の流れ

カードローンの申し込みをするとすぐさま「仮審査」というものが始まり、それによってゴーサインが出た場合は提出された書類などを使って審査をし、それをさらにクリアしたらそこではじめてお金を借りることができるようになります。
申し込みから融資まで、細かく言えば審査なるものが二つあるわけですが、審査らしい審査というのは実際には一回だけとなります。

 

実は申し込み後すぐに行われる仮審査が審査のほとんどといっていいでしょう。

 

この仮審査が終わり、必要書類を提出した後の行う審査では実は書類などと事実確認を照合するだけで終わり、申込書や口頭で伝えたことと相違がなければ、何事もなくその審査をクリアすることができます。
ですので、ある意味では書類提出を求められた時点で審査をクリアすることができたと思ってもいいでしょう。

 

あとは申込書と提出された必要生類との照合作業だけですので、そこで間違いがなければ大丈夫だと思います。
しかし、申込書と証明書類などとの内容が合わないといった、いわゆる嘘をついた場合やついうっかり間違ってしまった、勘違いしてしまったといった状態ですとこの時点では安心することはできず、最終的な審査結果が出るまでどうなるかわかりません。

 

●審査に使われる項目

審査では次のような部分を重視して審査を行います。

 

・年収
年収は単純に考えれば、多ければ多いほど審査に有利になります。
確かに年収が高ければ毎月入る収入も多いでしょうし、収入が多ければ無理なく返済してくれるはずだからです。
ただ、一部では年収がずば抜けていいのにもかかわらず、どうして消費者金融などでお金を借りなければならないのかといった点で少し不思議に思われることもありますが、それが審査に大きく影響することはありませんので、やはり年収は低いより高い方がいいと言うことになります。

 

・年齢
年齢に関しては申込条件である「20歳以上○○才以下」というものに該当していれば、基本的に問題ありません。

 

ただし、年齢条件の上限に近いいわゆる高齢者に近い方の場合は、その年齢によって弾かれることになります。
例えば、上限が70歳までというところで69歳の方が100万円の借り入れを申し込んできたという場合がそれに該当します。

 

こういった状況が厳しいものとなる理由は、あまりこういったことは言いたくないのですが、年齢的に病気になって収入が途絶えて返済が滞るかもしれないとか、もしかした死亡してしまって返済されない状態になってしまうのではないかということから、消費者金融側からすればリスクが高いものとなってしまうのです。
そういったことからある消費者金融では定年を迎える年齢層から一切の申し込みを受け付けないというところもあるぐらいです。

 

・職業
職業といっても勤務先のことだけでなく、労働形態も含めて審査されます。

 

一番無難なのがいわゆるサラリーマンで、どこかの会社に所属してそこから月給をもらっている方。
こういった方は定期的に収入がありますし、ボーナスなどもあることから返済に困ることがないだろうとみられます。

 

これは派遣社員や契約社員でも同じようにみられるのですが、正社員より解雇される確率が高いため、評価は若干低くなります。

 

それから自営業や個人事業主といった場合ですが、要するに規模の小さな企業体系ということで収入の浮き沈みがあるのではないかということで、これもサラリーマンと比べると評価が低くなります。
一番評価が低いのがアルバイトやパートタイマーです。

 

これはとても単純な理由なのですが、仕事を辞める可能性が高いからです。
あと、年金受給者ですが、これは消費者金融によって、年金を収入と見るか否かという点に左右されることが多いので、評価というよりその業者のスタンスに影響されるものとなります。

 

勤務先
サラリーマンの場合は勤務先の規模によっても評価が変わってきます。

 

町の小さな工場で働くより東証一部上場の大企業で働いていた方が、倒産によって無収入になる可能性が低いので評価が変わってくるということです。
こういったことから考えられるのが、絶対に倒産することがない公務員が一番評価が高いといえます。

 

・既存の借入額
現状での借入金額は、返済能力の有無と総量規制の計算に使われます。

 

既存の借入額と新たな借入額、そして年収から判断して、複数の返済をこなしていけるのかというのが焦点になります。
総量規制についてはそれに該当する場合は、どんな条件でも借入を行うことはできません。
法律ですので仕方のないことです。

 

・信用情報
信用情報は、その方の消費者金融系の借金に関する経歴が最大10年間記載されているもので、それを見ればどういった借金をしているのか、その返済の仕方はどうかというものがわかるようになっています。
もちろん、滞納や大幅な延滞、債務整理なども記載されているので、そういったことが記載されている場合は審査をクリアすることはまず無理でしょう。

関連ページ

今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要?
今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要なのか解説したページです。
専業主婦でも今すぐお金を借りられる?
専業主婦でも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられる?
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
今すぐお金を借りたいけど最短でどのくらいかかる?
今すぐお金を借りたいけど時間がかかっては困る!最短でどのくらいかかるのか教えます。
土日だけど今すぐお金を借りることは可能?
土日だけど今すぐお金を借りることは可能なのか解説したページです。
他社に借り入れがある場合でも今すぐお金を借りられる?
他社に借り入れがある!けれど今すぐお金を借りたい!という人に見ていただきたいページです。
今日中に10万円必要だけど可能?
今日中に10万円必要だけど借りることは可能なのか解説します。
キャッシングの審査で落ちる理由とは?
キャッシングの審査で落ちる理由はなのが原因なのか教えます。
キャッシングの返済方法は何がある?
様々なキャッシングの返済方法の種類について教えます。
今すぐお金を借りたいけどいくらまでならOK?
今すぐお金を借りたいけど私はいくらまでなら借りられる?その基準を教えます。
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれない?
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれないのか心配な方は必ずチェックしてください。
学生でも今すぐお金を借りられる?
学生であっても今すぐお金を借りられるのか?気になる所を教えます。
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?どちらが最短でお金を借りられるのか教えます。
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要?
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要なのかを解説したページです。