今すぐお金を借りたいけどいくらまでならOK?

カードローンにおいて借りることができる金額は、その業者によって、あるいはローン商品によって決められている最大借入限度額によるところとなります。

 

だいたいのところが300万円から800万円といったところですが、申し込もうとしているカードローンに「○○円まで融資可能」と書かれているからといって必ずしもその金額を借りられるというものではありません。
最大借入金額とは、このローン商品で借りることができる金額であって、この金額まで借りることができるということを保証しているわけではありません。

 

実際には50万円とか100万円とか200万円といった金額が最初の段階で借りることができる金額であって、最大限まで借りることができるのは相当いい条件の方か、長年返済を続けてきて、業者側が「この人なら大丈夫」と信頼することができた場合に少しずつ借入限度額を高くしていくといった状態です。
では、最初に借りることができる借入限度額はどうやって決めるのでしょうか。

 

借入限度額を決める要素

 

借入限度額は一言でいうとその方の信頼性と収入などよって決まりますが、こまかくいえばいろいろなことが絡み合って決められることになります。

 

・年収

 

年収は返済に充てるお金の糧となるものですから、この金額が低いと返済する能力が低くなるということで借入限度額が低くなります。

 

年収が多い:借入限度額が高い←→年収が低い:借入限度額が低い

 

・職業と勤務形態

 

職業は返済のためのお金を稼ぐ手段です。

 

いきなり解雇になったり、会社自体が倒産してしまっては返済に充てるお金が無くなってしまう恐れがあるので、その部分を懸念します。
一般的にサラリーマンや公務員が一番安心ということで限度額は高めに設定されます。

 

逆に低いのはアルバイトやパートタイマーで、それこそ10万円とか20万円といったかなり低い金額となることが多いようです。
それとサラリーマンでも、小さな町工場や商店よりは一部上場の大企業の方が安心ということで借入限度額が高めとなります。

 

職業・勤務形態(限度額高くなる順)
サラリーマン・公務員←→派遣社員・契約社員←→自営業・個人事業主←→アルバイト・パートタイマー←→年金受給者

 

企業規模
大企業:借入限度額が高い←→零細企業:借入限度額が低い

 

・勤続年数

 

勤続年数は、勤務先の安定性を見るのと同時にその人の継続性を見ることになります。
勤続年数が長いということは勤務先が安定的な経営をなしているということでいきなり倒産するということはありませんし、同時にその人が我慢強く、ちょっとしたことで会社を辞めるような人間ではないということがわかり、これから長い期間行っていく返済についても我慢強く、きちんと返済し続けてくれるということがわかります。

 

勤続年数が長い:借入限度額が高い←→勤続年数が短い:借入限度額が低い(審査落ちもある)

 

・住居形態

 

住居形態は戸建てか集合住宅かということではなく、賃貸か持ち家かを見ることになります。
これは賃貸か持ち家かによって安定性と経済観念を見ることになります。

 

当然ですが、賃貸よりも持ち家の方が有利になります。

 

少なくとも不動産という資産を持っているわけですし、住宅ローンを組んで買ったにしてもそれなりの経済力がある、そして住宅ローンを組めたのだから人間的には問題ないだろうといった形になります。
住宅ローンはあってもなくても借入自体にはほとんど影響しませんが、やはり毎月多額の返済をしなければならない住宅ローンを払っている状態では住宅ローンがない方よりも借入限度額としては不利になります。

 

住居形態

持ち家・持ちマンション:借入限度額が高い←→賃貸:借入限度額が低い

 

住宅ローン

住宅ローン無し・完済済み:借入限度額が高い←→住宅ローン返済中:借入限度額が低い

 

・他社からの借入金額

 

年収に対して現在いくらぐらいの返済を行っているのだろうかというところから始まり、その返済に新たに返済額が加わっても返済していく能力があるのだろうかということを判断します。

 

借入限度額が高ければ返済額が高くなる返済方法を使うことが多い消費者金融ではこの部分でその人の返済能力を見て、返済していけそうな返済額になるような借入限度額を設定することになります。
それから借入金額の総額だけでなく、件数も見ることになります。

 

例えば同じ100万円の借り入れをしているとしても2カ所で50万円ずつ借り入れているのと25万円を4カ所で借り入れているのとでは違って目で見ます。

 

要するに2カ所で済んでいる方は、50万円を貸すことができる信用性を持った人間であるということを他社の消費者金融が認めているわけですから、新たに借り入れる場合にもその信用性が活きてきます。
しかし、1件当たり25万円しか貸してくれないということはそこまでの信用性しか持っていないということで新たに貸すのも借入限度額を低くする必要があるということです。

 

既存借入額

借入額が少ない:借入限度額が高い←→</span>借入額が多い:借入限度額が低い

 

借入件数

借入件数が少ない:借入限度額が高い←→借入件数が多い:借入限度額が低い

 

・総量規制

 

これは貸金業法によって定められた決まりですので消費者金融側でもどうすることもできないものですが、要するに前年の年収の1/3以上は貸してはいけないということです。
年収600万円の方で、既に100万円の借入を行っているのであれば、どんなに頑張っても最大で100万円の借入限度額にしかなりませんし、150万円借りているとすれば、最大で50万円までの借入限度額しか設定することができないということです。

 

借入額が少ない・無い:借入限度額が高い←→借入額が多い:借入限度額が低い(ゼロの可能性も)

 

これらのものをトータルして考え、最終的な借入限度額を決めるのです。

関連ページ

今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要?
今すぐお金を借りる場合どんな書類が必要なのか解説したページです。
専業主婦でも今すぐお金を借りられる?
専業主婦でも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられる?
アルバイトやパートでも今すぐお金を借りられるのか解説したページです。
今すぐお金を借りたいけど最短でどのくらいかかる?
今すぐお金を借りたいけど時間がかかっては困る!最短でどのくらいかかるのか教えます。
土日だけど今すぐお金を借りることは可能?
土日だけど今すぐお金を借りることは可能なのか解説したページです。
他社に借り入れがある場合でも今すぐお金を借りられる?
他社に借り入れがある!けれど今すぐお金を借りたい!という人に見ていただきたいページです。
今日中に10万円必要だけど可能?
今日中に10万円必要だけど借りることは可能なのか解説します。
キャッシングの審査基準は?
キャッシングの審査基準知っておく事が最短で借り入れをするために必要です。
キャッシングの審査で落ちる理由とは?
キャッシングの審査で落ちる理由はなのが原因なのか教えます。
キャッシングの返済方法は何がある?
様々なキャッシングの返済方法の種類について教えます。
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれない?
今すぐお金を借りたいけど家族や会社にばれないのか心配な方は必ずチェックしてください。
学生でも今すぐお金を借りられる?
学生であっても今すぐお金を借りられるのか?気になる所を教えます。
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?
今すぐお金を借りるなら銀行?それとも消費者金融カードローン?どちらが最短でお金を借りられるのか教えます。
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要?
今すぐお金を借りたいけど保証人は必要なのかを解説したページです。